その他

留学は意味ない?私が留学しなかった理由

 

大学生のときに半分好奇心で履修したラテン語は全部忘れました、みつまるです。

 

突然ですが、数年前まで私は"外国語大学"と名の付く大学に在籍していました。

そして会社で出身大学の話になると必ず聞かれるのが「留学は行ったの?」ということです。

結論から言うと、私は長期の留学には行っていません。(一ヵ月間の短期留学は行きました)

 

今回は、私が留学しなかった理由についてお話しをしていきたいと思います。

 

本記事では、留学=半年以上の長期留学という定義でお話しをさせていただきます。

 

留学が当たり前の環境

私が通っていた大学は"外国語大学"という名前だけあって、半年~1年以上の留学に行く学生がほとんどでした。

そのため4年間で卒業する人はほんの一握りで、半年~1年卒業が遅れることがほとんどです。

私は長期留学はしなかったので4年間で卒業しましたが、同級生で4年卒業したのは本当に数えるほどしかいませんでした。

 

それくらい、留学に行くのが当たり前の環境でした。

マイノリティーすぎて、「留学に行かない」と言うと逆に「なんで?」と聞かれるくらいです。

 

でも、留学から帰ってきた人たちにどうだったか聞いてみるとたいていの場合

 

うん、すごく楽しかったよ~!

 

以上の感想がなく、正直

「……で?」って感じでした。

 

私が留学しなかった理由

海外でやりたいことがない

私は専門が語学ではなく言語学だったこともあり、留学してまでやりたいことがありませんでした。

 

語学と言語学の違いって分かりづらいと思うのですが、飛行機に例えると

  • 語学=飛行機の操縦を学ぶ
  • 言語学=飛行機の整備を学ぶ

と考えていただくと分かりやすいかなと思います。

言語学をやっている人は、言語そのものの仕組みや成り立ちには詳しいですが、必ずしもその言語を話せるとは限りません。

(飛行機の整備士さんも、飛行機のことにはとても詳しいですが必ずしも操縦できるとは限りませんよね)

 

言語を話すことよりも言語そのものを研究することに興味があり、ペラペラ話せるようになりたいわけでもなかったので、留学に行く意味がないと考えました。

 

留学するメリットが思いつかない

長期の留学をすると、半年〜1年卒業が遅れることになります。

極端な話ですが、1年社会に出るのが遅れるわけです。(就活のタイミングによっては2年遅れかも)

留学するとなると、安くはないお金もかかりますよね。

 

もちろん学生の時にしかできないことや、留学先でしか経験できないこともたくさんあります。

でも、卒業を遅らせて、安くはないお金をかけて、留学に行って自分にメリットはあるだろうか?

そう考えた時、何も思いつきませんでした。

 

海外での一人暮らしを経験する中で、学べることはたくさんあるでしょう。

ですが、私は将来海外で働きたいわけでもなかったので、海外での暮らしを経験する意味はあまりないなと感じました。

 

現地の人や学生と交流したいのであれば、インターネットの発達した現代ではいくらでも方法はありますよね。

 

語学だけ身につけても意味がない

語学は「話したいこと」「やりたいこと」が先にあって、それをやり遂げるための手段であって目的ではありません。

この順番が逆転している人は結構いるんじゃないかなと思います。

英語の勉強を頑張ってペラペラに話せるようになったとしても、話す内容が何もなく空っぽでは意味がないです。

 

例えば「将来何かの役に立ちそうだからとりあえず英語を勉強しておこう!」よりも、「この俳優さんが好きで、映画を字幕で観たいから英語を勉強しよう!」の方が絶対にはかどりますよね。

ちなみに私の友人には、K-POPアイドルがきっかけで韓国語を勉強している人が結構たくさんいます。(やはり推しの力は強い…!)

 

語学はあくまで手段であって、目的ではありません。

その先に目的・目標が何もないのであれば、語学だけ身につけても意味がないです。

 

留学する意味のある人とは

海外でやりたいことがある人

例えば

  • 企業でのインターンシップ
  • ボランティア活動

など、海外でやってみたいこと・挑戦したいことが明確なのであれば、留学は意味のあるものになると思います。

やりたいことがあり、達成するための手段として留学を捉えることができれば留学中も有意義に過ごすことができるはずです。

「将来は海外で働きたい」と考えているのであれば、学生のうちに留学しておくことは経験という意味で大きなプラスになるのではないでしょうか。

 

究極、海外でできることは日本でもできる

多くの人が留学に行く理由は

  • 語学力を向上させたい
  • 経験を積みたい

この2つだと思います。

でも、これらのことって別に海外でやらなくてもよくない?ぶっちゃけ、国内でもできるんじゃない?と個人的には思います。

 

例えば、語学の勉強であれば国内でもいくらでもできますよね。(話はちょっと逸れますが、母国語で大学院まで学べる国ってなかなかないと思うので日本は本当に教育が充実しているなあと思います)

半年〜一年の留学だと、現地の言葉をペラペラに話せるようになるのは難しいとも言われています。

語学は筋トレと同じで、毎日続けないとどんどん衰えていってしまいます。大切なのは毎日努力を積み重ねることであって、海外に行ったからといって簡単に身につくものではありません。

 

「国内ではできない経験をしたい」という点についても、個人的には「旅行でよくない?」と思います。

もちろん留学することでしか経験できないこともあるし、海外で一人暮らしをすることで学べることもたくさんあるでしょう。

ですが、時間とお金をかけてわざわざ海外に行ってまで得るべき経験なのか?と考えた結果、私は長期留学に行かないという選択をしました。

 

留学しなくても、やろうと思えばいくらでも人と違う経験は積めます。自分次第です。

 

以上、留学が当たり前の環境にいた私が留学しなかったお話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-その他

© 2021 みつまるライフ Powered by AFFINGER5