私がiPadを手放した理由【ミニマリストが最近手放したもの】


新年あけましておめでとうございます。


昨年一年間でいろいろとそぎ落とせた感じがするので、今年はやりたいことや好きなことをどんどん追及していく一年にしたいです。



早速ですが、2022年の初手放し(?)はiPadでした。

2020年6月に購入して、動画視聴や電子書籍の閲覧、オンラインライブ視聴などに活用していたのですが…まさかの手放すことに。


今回は、私がiPadを手放すことにした理由についてお話します。

これからiPad等のタブレット購入を考えている方には、ぜひ必要性などを検討する際の参考にしていただければと思います。


私がiPadを手放した理由

PCとプロジェクターでカバーできた

私のiPadの使用目的は

  • 動画視聴(YouTube、Amazonプライム)
  • 電子書籍の閲覧(主に漫画)
  • オンラインライブ視聴

主にこの3つでした。


iPadは起動も早いし画面もキレイなので、動画視聴やオンラインライブ鑑賞にはとても重宝していました。



しかし昨年夏にプロジェクターを導入したり、最近パソコンを買い替えたことで、iPadでやっていたことをほぼカバーできるようになりました。




特に、学生時代から約8年使っていたパソコンを買い替えたのはとても大きかったです。

新しいパソコンはLenovo IdeaPad Flex 550iなのですが、起動も動作もサクサクの爆速だし、画質もきれいで感動しています(笑)

【関連記事】パソコンの買い替えを検討しているので、必要なスペックを考えてみた


指紋認証機能がついていて、使いたいときにサッと起動できるので、動画視聴や電子書籍の閲覧もほぼパソコンでするようになりました。

また、YouTubeやAmazonプライムビデオ視聴はプロジェクターを使って大画面で楽しんでいます。


よって、iPadでやっていたことはほぼパソコンとプロジェクターでカバーできてしまったため、ここ一か月ほどまったく出番がありませんでした。


完全に宝の持ち腐れ

たとえば

  • デジタルで絵を描く
  • 持ち運んで外で使う

こういった用途であれば、iPadはとても便利なものだと思います。


しかし私の場合は、絵を描くわけでもなければiPadを使うのは家の中限定。

完全に宝の持ち腐れでした。


製品自体はとても便利で素敵なものだと思いますが、自分の使用目的に合うかどうかをしっかり確かめて購入することが大切だと改めて思いました。

ちなみに私はパソコンを買い替える際、iPadをパソコン代わりに使おうかと考えたのですが…
使えないソフトがあったり、画面が小さかったりと、タブレットをパソコン代わりにするのは難しいことが分かりました。


iPadの手放し方

iPadはデータの削除・初期化をして、メルカリで売却しました。


アップル製品はリセールバリューが高いので、少しでも高く売りたいのであれば、買取よりもメルカリなどのフリマアプリを利用するのがおすすめです。

みつまる

出品してから2時間ほどで売れたので、アップル製品のリセールバリューの高さを実感しました…


しかしフリマアプリは購入者とのやりとりや、梱包・発送といった手間がかかるので、手間を省きたい方は買取に出すのがいいかも。



もしくは、出品~発送までを代行してくれるマカセル等のサービスを利用するのもありですね。






まとめ:手放す理由をよく考えて、今後の買い物に活かします

今回は、私がiPadを手放すことになってしまった理由についてお話しました。


個人的には、iPadを買う前にパソコンの買い替えを検討しておくべきだったな…と思っています。


しかし後悔しても仕方ないので、不要になったら手放し、手放すことになった理由をよく振り返るようにしています。

そして次のお買い物に活かしていくことが大切。


私はiPadはうまく使いこなせませんでしたが、製品自体はとても便利なものなので、合う人もいると思います。

iPad等タブレット端末の購入を考えている方の参考になれば幸いです。


では!


\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-ミニマリスト
-