一人暮らしに意外と必要ないもの5選【ミニマリストが紹介】

2021年2月14日

 

最近、近所のサイゼリヤをほぼカフェとして使わせていただいてます、みつまるです。

 

そろそろ新年度が近づいてきていますが、進学や就職などで春から一人暮らしをする方もいらっしゃるかと思います。

私も18歳のときに一人暮らしを始めましたが、最近いろいろなものを手放す過程で「これって意外となくても大丈夫だなあ…」と思うことが何度かありました。

 

今回は、ミニマリストである私が「一人暮らしに意外となくても大丈夫なもの」を5つご紹介します。

  • これから一人暮らしを始める方
  • 既に一人暮らしをしているが、さらにお部屋をスッキリさせたい方

上記にあてはまる方は、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

一人暮らしに意外と必要ないもの5つ

私が最近手放したもので、「意外となくても大丈夫だったなあ…」と感じたのは以下の5つです。

  • アルミホイル
  • 菜箸
  • 洗濯カゴ
  • お風呂用ボディタオル
  • トイレブラシ

 

アルミホイル


お肉や魚をホイル焼きにする以外に用途あります??(過激派)

アルミホイルを使いたいシーンって、だいたいの場合ラップで代用できるような気がします。(そもそもアルミホイルを使うシチュエーションがあまり想像できない…)

凝った料理を作る方やお菓子作りが趣味の方は持っていた方がいいかもしれませんが、そうでなければ必要ないかなと思います。

 

私は実家からの仕送りでアルミホイルが大量に送られてきたことがあるのですが、ラップがわりに使ってなんとか消費しました…。

今はアルミホイルなしで自炊生活をしていますが、全く問題ありません。

 

菜箸

普通のお箸で十分です。

私は自炊中心の生活で、平日は毎日お弁当も作っていますが、普通の食事用のお箸で事足りています。

菜箸は長いから水切りカゴからはみ出すし、収納にも入らないし…なかなかストレスが多いんですよね。

 

一人暮らしなら、普通のお箸でも十分自炊可能です。そのかわり、私は2セット持っています。

 

洗濯カゴ

一人暮らしであれば、洗濯機を洗濯カゴ代わりにすれば十分です。

以前はタオル・下着類とそれ以外(Tシャツやボトムスなど)で分けて洗濯カゴに入れていましたが、今は下着類だけ洗濯ネットに入れてそのまま洗濯機にインしています。

いっぱいになる前に回さないといけないので洗濯の頻度が上がったし、脱衣所でかなりのスペースをとっていた洗濯カゴがなくなったことで、空間的にもスッキリしました!

 

洗濯を頻繁にやるようになったことで、タオルやインナー類の数も減らすことができました…。洗濯はこまめにやることを心からオススメします。

 

お風呂用ボディタオル

体を洗うときは、洗顔用ネットでせっけんを泡立てて手で洗っています。特に体がかゆくなったりといったこともないので、汚れは十分落ちていると思われます。

ボディタオルやスポンジでごしごし洗いすぎると、肌を傷つけてしまったり乾燥しやすくなったりと良くない面もあります。

 

私も手で洗い始めたばかりの頃は、「これどうやって背中洗うん…?」という感じでしたが、意外と手は届きます。

体が固い方は……がんばってください。笑

 

トイレブラシ

これはつい最近試してみたんですが、便器の中はビニール手袋をつけてメラミンスポンジでこすれば十分きれいになりました。(素手で掃除をする勇気はない…)

ただし、防臭・抗菌加工がされた便器の場合はコーティングが剥がれてしまうようなので注意してください。

 

トイレブラシは衛生的な面から見ても微妙なので、思い切って持たないという選択肢を検討しても良いのではないかと思いました。

 

まとめ:必需品は意外と少ない

以上、「一人暮らしに意外となくても大丈夫なもの」を5つ紹介しました。

もちろん人それぞれ必要なものは違うと思いますが、ないならないで意外となんとかなったりします。「生活に絶対必要なもの」って案外少ないのかもしれないな、なんて思ったり。

 

もしこれから一人暮らしの日用品を揃えるという方がいらっしゃれば、「最初は最低限のものだけ揃えておき、必要になってから買い足す」ことをおすすめします。

実際に生活してみないと、何が必要かは分からないことも多いです。無駄な出費を抑える意味でも、最初からあれこれ買うよりも「必要になったら買いに行く」くらいのほうがいいです。

 

新生活を始める方、ものを減らして部屋をスッキリさせたい方の参考になれば幸いです。

では!

\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-ミニマリスト
-,