節約術

一人暮らしにおすすめのふるさと納税返礼品はこれ【日用品・日持ちする食品】

2021年2月11日

 

最近「Choo Choo TRAINの冒頭は一人でやるとさみしい」ということに気付きました(あたりまえ体操)、みつまるです。

 

突然ですが、ふるさと納税してますか?

 

ふるさと納税とは

生まれ故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度。自己負担額2,000円を超える部分は税金が控除され、かつ地域の特産品などの返礼品がもらえる

 

もともとは「今は都会に住んでいても、自分を育て支えてくれたふるさとへ、税制を通じて貢献する仕組みをつくれないか」(参考:総務省ふるさと納税ポータルサイト)という理念のもと生まれた制度ですが、節約目的としても多くの人が利用していますよね。

 

かくいう私も昨年ふるさと納税デビューをし、今年は何を頼もうかなあ…と考えているところです。

 

今回は、以下の3つについてお話しします。

 

  • 一人暮らしにおすすめのふるさと納税返礼品
  • 私が昨年実際に頼んでよかったもの
  • 今年頼もうと思っているもの

 

初めてふるさと納税をする方、一人暮らしで返礼品選びに迷っている方は、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

 

一人暮らしにおすすめのふるさと納税返礼品

おすすめは日用品・日持ちする食品

ふるさと納税の返礼品といえば、ぱっと思い浮かぶのは高級なお肉や海産物、新鮮なフルーツなど…

「普段なかなか買えないものを頼んで、プチ贅沢する」ことだと思います。

 

しかし…食品はたいてい量が多いため(1kg~とか)一人暮らしだと食べきれずに余らせてしまう可能性大です。

 

特に日持ちのしない肉や魚、フルーツを一人暮らしで食べきるのは至難の業。

 

よって一人暮らしの場合、ふるさと納税返礼品は日用品・日持ちする食品を選ぶのが個人的にはおすすめです。

 

返礼品でもらえる日用品はどんなものがある?

さとふるふるさとチョイス楽天ふるさと納税など、有名なふるさと納税サイトのランキングを見てみると、日用品は以下のようなものが人気です。

 

  • ティッシュ
  • トイレットペーパー
  • 洗剤
  • シャワーヘッド
  • 鍋・フライパン

 

ティッシュやトイレットペーパー、洗剤などの消耗品はやはり人気がありますね。

どこの家庭でも必ず使うものなので、家計の節約にも役立ちます。

 

私も、返礼品としてティッシュやトイレットペーパーを検討したことがありましたが…ここで問題が一つ。

ただでさえ狭い一人暮らしの家に大量のティッシュやトイレットペーパーが送られてきたら、部屋が倉庫みたいになってしまう!ということです。

 

 

ケース単位とかで来るので、一人暮らしだと何年分のストック?ってレベルになってしまいます…。

 

ミニマリスト的視点から見ても、過剰にストックを持つのはできれば避けたいところ。

 

 

 

私のおすすめ返礼品(日用品)

続いて、一人暮らしの私がおすすめする返礼品を厳選してご紹介します。

「できるだけ日用品や保存が効く食品、でもあまり保管にスペースをとらないものがいい」と考えた結果、こういうのがいいんじゃないかなという結論に辿り着きました。

 

昨年実際に頼んでよかったもの・今年頼もうと思っているものを紹介しますので、よければ参考にしてみてくださいね。

 

タオル(フェイスタオル)

タオルってなかなか買い替え時が分からなかったりして、ごわごわのタオルをいつまでも使い続けていたりしますよね。(私です)

そんな方は一年か二年に一回、ふるさと納税を利用してタオルを総入れ替えするのがおすすめです!

 

タオルといえば今治が有名ですが、個人的には大阪の泉州タオルが好きです。

みつまる
実は、国内のタオル産業発祥地は大阪の泉州地域だそうですよ!

 

私は昨年、泉州のフェイスタオルセットを返礼品として選びました。

吸水性抜群、いい意味でペラペラなので乾くのも早く、普段使いにはもってこいのタオルです。

 

 

包丁

こちらも、昨年私が実際に頼んだものです。三徳包丁とペティナイフの2本セットでした。

 

「一人暮らしで包丁2本もいる?」と思われるかもしれませんが、ペティナイフが意外と便利なんですよね。

トマトときゅうりをちゃちゃっと切ってオリーブオイルとブラックペッパーをかけて食べる、というのを夏はしょっちゅうやっています。

 

包丁はそう頻繁に買い替えるものでもないかと思いますが、私は学生の頃から使っていた包丁がかなりボロボロだったので、この機会にと思って頼んでみました。

寄付をしたのは「日本一の刃物のまち」と言われる岐阜県関市です。元々は日本刀の生産地として栄え、現在でも包丁をはじめハサミ、爪切りなど刃物の特産品が多いです。

 

 

(↑こちら昨年実際に私が頼んだものです。オールステンレスなのでお手入れも簡単で、見た目もスタイリッシュなので気に入っています)

 

包丁や鍋など、キッチン用品の買い替えもふるさと納税を利用すればお得にできます

 

ハンドソープ

これは今年狙っているものです。

最近は感染症対策のためにも、手洗い時のハンドソープは欠かせませんよね。

 

ハンドソープの詰め替え用なら、ティッシュなどに比べて保管もそれほどかさばらなさそうなので許容範囲内かなと思っています。

 

 

 

3/20追記:購入しました!まだ使ってはないので、実際に使い始めたらまたレビューを書きたいと思います。

 

 

私のおすすめ返礼品(食品)

冒頭で「一人暮らしなら食品よりも日用品がおすすめ」と言ったのですが、それは「返礼品は大容量の生鮮食品が多く、食べきれないから」です。

逆に、「それほど大容量ではないもの」「ある程度保存の効くもの」であれば、一人暮らしでも困ることはありません。

 

個人的に、食品だとおすすめしたい返礼品はこの2つです。

 

日本人ならお米を全く食べない人はあまりいないと思うので、お米はかなりおすすめしたい返礼品です。

 

ふるさと納税なら、普段は買わないような少し高級なお米もお得に手に入れられるのが嬉しいですよね♪

私は自称「白米大好き人間」なのですが、やはり高いお米ってお米だけで味があるし、おいしいです。おかずがなくても、白いご飯だけでモリモリいけちゃいます。

 

また、肉や魚などの生鮮食品に比べて長期保存ができますし、それほどかさばらないのも一人暮らしにはありがたいです。

もちろん一人暮らしの方だけでなく、家族がいる方にも食費の節約という意味ではかなりオススメです!

 

(↑自分の地元産の米をこっそり載せておきます。笑)

 

はちみつ

熟成アカシア蜂蜜500g、クローバー蜂蜜500g(21058)

出典:さとふる

こちらは昨年頼んだもので、アカシアはちみつ500gとクローバーはちみつ500gのセットです。岡山県津山市の返礼品です。

 

実は岡山県は私のふるさとでして(津山市ではないのですが)、故郷に寄付がしたいなあと思って選んだのですが…これがめちゃくちゃ良かったです。

みつまる
ちゃっかり故郷の宣伝をさせていただきます!笑

 

山田養蜂場というメーカーが出している商品で、はちみつ自体は海外産なのですがこの容器がとにかく使いやすい。

はちみつって瓶詰だったりプラ容器に入っているものが多いと思いますが、取り出すためにスプーンが必要だったり垂れてベタベタになったりと…ストレスが多くないですか?

この山田養蜂場はちみつのチューブのような容器は、垂れたり漏れたりすることもなく、とても使いやすくて感動しました。

 

毎朝ヨーグルトにかけて食べていますが、500g×2本で一年ほどもっています!

 

 

まとめ:日用品と日持ちする食品がおすすめです

一人暮らしにおすすめのふるさと納税返礼品を、もう一度まとめてみます。

 

  • 日用品(なるべくかさばらないもの)
  • 日持ちする食品

 

普段なかなか買えないような高級品を選んでプチ贅沢するのもいいですが、日用品や米などを頼んで節約するのもふるさと納税の使い方としてはありなのかなと思います。

また、私はやはり自分のふるさとである岡山県にも貢献したいので、毎年何か一つは地元の返礼品を頼むことに決めています♪

 

一人暮らしで返礼品選びに迷っている方、はじめてふるさと納税を利用する方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

では!

 

\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-節約術
-,

© 2021 みつまるライフ Powered by AFFINGER5