ミニマリスト

使わないものをポレットでモノチャージしてみた【利用方法と注意点】

 

髪の毛をピンクパープルにしたら、毎日鏡を見るたびにテンション上がるようになりました、みつまるです。

 

 

突然ですが、お片付けをしていると「まだ使えるけど使わないもの」ってけっこう出てきませんか?

 

私はそういったものを手放すときは、ゴミとして捨てるよりも、できるだけリサイクルや寄付に出すなど他の人に使ってもらえるような形で手放すようにしています。

が、中には古すぎてフリマアプリでも売れなかったり、大きくて重いのでリサイクルショップに持ち込むのも難しかったり(車を持ってないため)するものもありました。

 

そこで先日(といっても年末頃ですが)、そういった不要品を手放すためにPollet(ポレット)のモノチャージを利用してみました。

今回はモノチャージ体験記として、利用の流れやメリット、利用する際の注意点についてお話しします。

 

ものを手放してお部屋をすっきりさせたい、でもどうやって手放せばいいか分からない…

こういった悩みを抱えている方は、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

 

使わないものをポレットでモノチャージしてみた

今回、私はPollet(ポレット)というアプリのモノチャージを利用して、不要品を手放しました。

 

そもそもポレットって何ぞや?という方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明させていただきます。

Polletとは

VISA加盟店で利用できるプリペイドカード。バーチャルとMillionの二種類のカードがある。

  • バーチャル:ネットショッピング専用のバーチャルカード。現物カードはない。(発行手数料0円)
  • Million:実店舗でも使える現物カード。発行手数料が500円かかる(3/31まで無料キャンペーン中)

 

Pollet - チャージで増えるプリペイド

Pollet - チャージで増えるプリペイド

posted withアプリーチ

 

ポレットには残高のチャージ方法がいくつかあるのですが、今回利用したモノチャージは以下のようなものになります。

モノチャージとは

家に眠っている不要品を送ると、査定金額がプリペイドカード残高としてチャージされる

買取対象は家電、本、ゲーム、CD、DVD、カメラ、お酒など

 

買取対象品について、詳細は公式サイトも併せて参照ください⇒モノチャージ│Pollet

 

今回、私がモノチャージに送ったのは全部で8点です。

  • 布団クリーナー
  • ヘアアイロン×2
  • カメラの三脚
  • 電子辞書
  • 体重計
  • 書籍×2

 

合計8点送って、査定額は886円でした。

351円の査定額がついたのは資格試験の参考書です。個人的に驚いたのが、10年前のボロボロの電子辞書に31円ではありますが値段がついたことです(笑)

 

フリマアプリなどで売ることに比べれば金額は少ないかと思いますが、かなり古いものも多かったので、値段がついただけありがたいです。

何より手放す手間を考えると、お部屋がすっきりしてなおかつちょっとしたお小遣いももらえるのは嬉しいです(笑)

 

 

モノチャージの流れ

続いて、モノチャージの利用方法について解説していきたいと思います。

利用を考えている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

step
1
ポレットアプリを開いて「モノチャージ」をタップ

トップ画面の真ん中あたり、チャージ一覧の一番左にあります。

 

次の画面で下に少しスクロールし、「申し込み入力」をタップします。

 

 

step
2
箱の有無・サイズを選択

次の画面で、箱を送ってもらうか、自分で用意するか選びます。

私は大きい方の箱を選んだのですが、予想以上にめちゃくちゃ大きな箱が来たので、側面をカッターで切って小さくするはめになりました…(汗)

よほど大きいものを送るのでなければ、小さい箱で十分かと思います。

 

もし自分で箱を用意する場合は

  • 3辺合計が160センチ以内
  • 総重量30キロ以内

この範囲に収まるように準備しましょう。

 

step
3
必要事項を入力する

集荷先の住所と、荷物の集荷日を入力します。(箱を送ってもらう場合は、箱の配送日も入力します)

申し込み後でも、集荷日はアプリから変更可能です。

 

住所と職業を入力し、次の画面で査定後に承認してからチャージするか、自動承認にするか選びます。

自動承認にした場合、査定結果が出次第自動的に残高がチャージされます。

自動承認を選んだ場合、送ったものを返送してもらうことはできません

 

step
4
不要品を詰めて集荷してもらう

あとは届いた箱(または自分で用意した箱)に、不要品を詰めて集荷にきてもらうだけです。

発送から2~3日ほどでアプリ上に査定結果が届くので、承認するか返送してもらうか選びます。

 

みつまる
家の中ですべてが完結するので、私のような引きこもりにはぴったりです

 

 

モノチャージを使うメリット

私は使わなくなったものを手放す際、フリマアプリ(メルカリ)もかなり頻繁に利用しています。

が、フリマアプリと比べてポレットのモノチャージは以下のようなメリットがあると思いました。

 

手間も手数料もかからず簡単

フリマアプリで売るとなると、写真撮影して出品、購入者とのやりとり、梱包、発送などの手間がかかります。

また、売上の一部も手数料として引かれますよね。

 

ならばリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらおう!という手もありますが、そうなると基本的には自分で現物を持って行く必要があります。

私は車を持っていないので、大きなものや重いものがあるとすぐに「めんどくさい…」となってしまいます(笑)←ただのズボラ

 

その点モノチャージならば、アプリから申し込んで、箱に詰めて、集荷に来てもらうだけでOKです。

宅配便の伝票も集荷のドライバーさんが持ってきてくれますので、用意するは必要なし。

箱代、送料、手数料も一切かかりません。(ただし査定後に返送してもらう場合の送料は自己負担となります。のちほど詳しくお話しします)

手放したいものがたくさんあるときや、かさばるもの、重いものがあるときはありがたいですよね。

 

私は布団クリーナーやカメラの三脚など、そこそこ大きめのものがあり、自分でリサイクルショップに持ち込むのが億劫だったので本当に助かりました。

 

売れなさそうなものでも買い取ってもらえる

私が今回送ったものの大半は「フリマアプリに出してみたものの売れ残ってしまったもの」でした。

  • ヘアアイロン:古い、元値が安い
  • カメラの三脚:新しいが、元値が安い
  • 電子辞書:古い(10年くらい前に買ったもの)
  • 体重計:古い

このように、まだ一応動きはするけど古すぎて売れない家電類などを引き取ってもらうのに最適だなと思いました。

 

 

モノチャージを利用するときの注意点

買取対象外品がいくつかある

  • アパレル商品
  • ベビーグッズ/幼児向けアイテム
  • ぬいぐるみ
  • 雑誌/状態の悪い書籍
  • 景品/おまけ/付録
  • ノーブランドの食器
  • 1,000円以下の雑貨
  • タオル等の日用品
  • ゴミ

モノチャージでは、こういったものは買取対象外となります。

 

ブランドのカバンや財布は買取可能商品ですが、靴は対象外になるので注意が必要です。(公式サイトに記載がなかったので問い合わせてみたところ、「靴はアパレル商品に含まれるため買取対象外」との回答をいただきました)

 

査定後の返送は送料自己負担

査定金額が思ったより低かった、などの理由で査定後に買取をキャンセルする場合は、返送にかかる料金は自己負担(着払い)となります。

 

また、送ったアイテムの一部のみの返送は不可です。全部買取か全部返送になってしまうので、注意が必要です。

 

 

まとめ:ポレットのモノチャージを利用して部屋をすっきりさせよう

モノチャージの利用方法と注意点についてお話ししました。

実際に利用してみて、すごく手軽で簡単に手続きが終わったのでぜひまた機会があれば利用したいなと思っています。

 

個人的には、売れなさそうな古い家電類を買い取ってもらえたことが驚きでした。

捨てるかどうか、捨てるとしてもどうやって捨てたらいいのか分からず迷っていたものだったので、もし「これってどうやって手放したらいいんだろう…」と思うものがあれば、モノチャージに送ってみるといいかもしれません。

 

フリマアプリで売ることに比べれば買取価格は低めかもしれませんが、お部屋がすっきりしてかつちょっとしたお小遣いがもらえると思えば、利用する価値はあるんじゃないかなと思います。

 

Pollet - チャージで増えるプリペイド

Pollet - チャージで増えるプリペイド

posted withアプリーチ

 

 

また、過去に使わない商品券やクオカードもポレットにチャージしました。詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください⇒【参考記事】家に眠った金券や外貨はPolletにチャージが便利。やり方と注意点まとめ

 

では!

 

\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-ミニマリスト

© 2021 みつまるライフ Powered by AFFINGER5