ミニマリスト

掃除機はいらない。一人暮らしミニマリストの掃除道具全て紹介

2020年11月28日

 

そろそろ年末に向けて掃除を始めなければと思っているみつまるです。

 

これまでミニマリスト目指していろんなものを手放してきましたが、手放したもののひとつに掃除機があります。

  • 掃除機なしだと掃除が大変なんじゃ…?
  • どうやって掃除してるの?

もしかしたらこんなふうに思われる方もいるかもしれませんが、私は掃除機を手放してやり方を変えたことで、掃除の頻度が格段に上がりました。

また、自分のズボラな性格に合わせて掃除道具を見直したことで、こまめに掃除をするようになり結果的に部屋をきれいに保てるようになりました。

 

今回は以下の4つについてお話ししていきます。

  • 私が掃除機を手放した理由
  • 掃除機を手放すメリット・デメリット
  • 掃除のやり方と使っている道具

 

掃除機を手放すミニマリストは多い

掃除機を手放すミニマリストはとても多いです。

私が考える、ミニマリストが掃除機を手放す理由はこちらです。

 

掃除機を手放す理由

  • 収納にスペースをとる
  • コードが邪魔
  • 充電が面倒(コードレスの場合)
  • 掃除後の片付けが面倒

 

私も半年ほど前まで掃除機を持っていましたが、とにかく掃除を始めるまでの準備と終わった後の片付けが面倒くさかったです…。

結果的に掃除の頻度が下がり、部屋が汚くなってしまいました。

 

掃除機なしで掃除はどうする?

半年前に掃除機を手放して以来、床(フローリング)の掃除はどうしているかというと、クイックルワイパー一択です。

 

(私が使っているのは正確にはクイックルワイパーとは別ブランドのものですが、便宜上クイックルワイパーとして話を進めていきます)

 

クイックルワイパーは掃除機のデメリットを克服していると思います。

省スペースで収納可

掃除機に比べてかなりスリムなので、家具や壁の隙間に簡単に収まります。

小回りがきく

掃除機だとやりにくい家具の隙間や狭い場所でも、簡単にお掃除できます。

後片付けが簡単

シートを外して捨てるだけなので5秒もあれば終わります。

我が家では玄関スペースも含め、床掃除はクイックルワイパー一本でやっています。

 

掃除機を手放すメリット・デメリット

掃除機を手放すメリット

  • 収納スペースが空く
  • 維持管理コストがかからない

掃除機を手放して感じたメリットはこの2つです。

最近の掃除機はだいぶ小型化されてきているとはいえ、やはり収納スペースを占領してしまうのがネックですよね…。

また、場合によってはゴミ用の紙パックが必要な場合もあるのでコストがかかります。

 

一方クイックルワイパーなら壁や家具の隙間にもおさまるので、収納スペースもほとんどとりません。

コストとしてかかるのはシートくらいですが、こちらも30枚ほど入ったものが100円ショップで売られているので安く済みます。

 

掃除機を手放すデメリット

  • 粉ものや細かいゴミの掃除が大変
  • 絨毯やカーペットは掃除しづらい

掃除機がなくて困るときといえば、粉ものを床にこぼしてしまったときでしょうか。

ガラスや陶器を割ってしまったときなども、掃除機で細かい破片を吸えないのは少し不便かもしれません。

また、家がフローリングではなく絨毯やカーペットの場合は掃除機でないと掃除しづらいと思います。

コロコロで頑張るのは限界がありますよね…。

 

使っている掃除道具全て

続いて、掃除機以外も含め一人暮らしの私が使っている掃除道具を紹介します。

使っている掃除道具

  • フローリングワイパー
  • ウタマロクリーナー
  • コロコロ
  • クイックルハンディ
  • メラミンスポンジ
  • トイレのルック

ミニマリストにしては多めに感じるかもしれませんが、掃除道具を減らすことよりもなるべく掃除の手間を省くことを優先した結果です。

 

クイックルワイパー

さきほども言った通り、我が家の床掃除は基本的にクイックルワイパーです。

シートは100円ショップ(ダイソー)のものを使っています。

 

 

 

ウタマロクリーナー

ミニマリスト御用達、我らがウタマロ師匠です。(某落語家の師匠ではありません)

雑巾に3~4プッシュして鏡やドアノブを拭いたり、棚の中を拭いたり、床以外の拭き掃除は基本的にウタマロを使っています。

 

また、トイレやお風呂、キッチンの掃除でも大活躍してくれます。ガスコンロの油汚れもしっかり落ちますよ!

 

 

コロコロ

無印良品で購入したスタイリッシュでシンプルなコロコロを愛用中です(中身の粘着シートは100円ショップです。笑)

基本的に床で生活しているので、座布団の裏についた埃を取るために使っています。

あとコートやボトムスについたゴミを取るときにもコロコロしています。

 

クイックルハンディ

棚やレンジの上、エアコンの上の埃を取るときに使っています。

以前は無印良品のハンディモップを使っていたのですが、モップ部分を洗うのが面倒くさすぎてクイックルハンディに切り替えました。

多少コストはかかりますが、使い捨てのほうが圧倒的に楽です。

 

 

メラミンスポンジ

キッチンのシンクや洗面所など、主に水回りの掃除に使っています。

ウタマロクリーナー+スポンジもありかなと考えたのですが、やはり使い捨てできる方が楽だし清潔なのでメラミンスポンジに落ち着きました。

コップの茶渋もキレイに落ちるので定期的にやっています!

 

 

トイレのルック

トイレ掃除は基本的にこれとウタマロクリーナーです。

トイレのルックは便器の中を掃除するときに使うもので、フチ裏にも液が届くような形になっています。軽い汚れならブラシでこすらなくても落ちるのですごく楽です!

これを便器の中に垂らして全体に広がるのを待つ間に、ウタマロクリーナーをつけたトイレットペーパーで便座やフタなどの拭き掃除をしています。

 

 

まとめ:生活スタイルに合わせて掃除道具を選ぶ

私は半年前に掃除機を手放しましたが、何も困りませんでした。

我が家はフローリングなので、床掃除はクイックルワイパーで事足りています。

 

しかし、掃除機を手放すことには少なからずデメリットもあります。

自分の部屋(フローリングかカーペットか等)、ライフスタイルに合わせた掃除道具を厳選していくことが大切だと思います。

 

私はこのような方向性で掃除グッズを揃えています。

  • 場所に合わせた最低限のものは揃える
  • なるべく使い捨てできるものを使う

 

掃除道具を極限まで減らすことを取るのか

簡単に掃除できることを取るのか

どちらを重視するかは人それぞれだと思いますし、一人暮らしか・家族と住んでいるのかによっても掃除方法は変わってくると思います。

 

自分の性格・ライフスタイルに合わせた掃除道具を選んでみてください。

では!

 

\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-ミニマリスト
-

© 2021 みつまるライフ Powered by AFFINGER5