コスメが捨てられない方必見。断捨離の基準と増やさないコツ【もったいない】

2020年12月27日



アイシャドウはラメラメキラキラが好きです、みつまるです。



突然ですが、コスメって気づいたら増えてませんか?(特に女性のみなさん)



実際、私は「目何個あるの?」ってくらいアイシャドウパレットを山ほど持っていました(笑)

10色以上入ったアイシャドウパレットが5つもありました


しかし先日コスメの見直しをした結果、数をある程度絞ることができました。


今回は、私がコスメの見直しをする際に基準にしたことと、増やさないためのコツについてお話しします。


実際にどのくらい減ったのかも公開していますので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。


コスメがもったいなくて捨てられない

コスメを整理しているとき、「これあんまり使ってないけど、捨てられないな…」と思うものって結構ありませんか?


捨てられない理由としては

  • 高かったから
  • たくさん残っているから
  • プレゼントされたものだから

こういったものが多いと思います。



でも上記の3つの理由って、突き詰めていくと全て「もったいないから」に行きつくような気がします。

  • 高かったから、もったいない
  • まだたくさん残っているから、もったいない
  • 友達からもらったものだから、もったいない


私自身、持っている化粧品はプチプラが多いのですが、アイシャドウやリップなどはどうしても使い切ることが難しく、たくさん残っていました。


でも…例えばパッケージが可愛らしいコスメを飾って楽しむならともかく、
使わないコスメをずっと取っておくほうがもったいないな…と思うようになりました。


コスメを断捨離するときの3つの基準

先日、思い切ってコスメの見直しをして、かなりのものを手放しました。

見直し前


見直し後


手放したもの



私がコスメを整理する際に基準にしたのは、以下の3つです。

  • 使用期限が切れていないか
  • 自分に合っているか(使用感・色味)
  • 今現在使っているか



使用期限が切れていないか

コスメの使用期限は、未開封なら3年、開封済みなら3ヶ月~1年ほどと言われています。

未開封の状態で、高温や直射日光、および湿度が高い場所、温度変化が激しい場所を避けて保管いただければ、製造から少なくとも3年間は品質を保つように設計されています。

カネボウ化粧品公式サイトより引用



開封しなければ長期保管も可能ですが、一度開封したものは早めに使い切った方が良さそうですね。

使用期限が過ぎたものを使い続けると、肌荒れ・肌トラブルの原因になることも…。

みつまる

使用期限を過ぎたものは、潔く手放そう



化粧品の使用期限についてはいろいろな目安がありますが、私は以下のような基準で断捨離しました。

  • 下地、ファンデーション、パウダー:半年
  • アイシャドウ:一年
  • アイライン、マスカラ、リップ:3ヶ月


この基準に従った結果、アイラインとマスカラはほぼ全滅しました。(笑)



アイシャドウパレットも2つはアウトだったので、よく使う色がコンパクトにまとまった新しいものを買い直しました。



自分に合っているか(使用感・色味)

  • 口コミが良かったから買ったけど、自分の肌には合わなかった
  • プレゼントでもらったけど、自分には色味が合わなかった


こうったものはなかなか捨てづらいので、使わないまま保管しがちです。


ですが、「捨てづらいな…」と思って使わないままとっておくほうが「もったいない」と思います。

コスメたちも、使われないままよりも使ってもらえた方がいいはずです。

どうしても自分の肌に合わない・色味が似合わないものは、人に譲る・捨てるなどして、手放してしまいましょう。

みつまる

これは自戒ですが、今後友人へのプレゼントを選ぶときはコスメは避けようと思います…。どうしても合う、合わないがあるので



今現在使っているか

  • 今は使っていないけど、いつか使うかも
  • 気分が変わったら、使いたくなるかも


コスメに限ったことではありませんが、「いつか使うかも」の「いつか」がやってくることはありません。

開封してしまえば、使わなくても使用期限は過ぎていってしまうので、また使いたくなったら買い直したほうがいいと思います。



コスメを増やさないコツ

こちらが今持っているすべてのコスメなのですが、わりと少ないほうなんじゃないかと思います。

続いて、コスメを必要以上に増やさないために私が意識している4つのことをお話しします。

ベースアイテムは固定

下地、ファンデーション、パウダーなどのベース系アイテムは、自分の肌色・肌質に合ったもので固定しています。


基本的に同じアイテムをリピートしているので、買うときにどれにしようか迷うこともありません。


アイブロウも、パウダーとペンシルを一種類ずつで固定です。

みつまる

「いろいろなメイクを楽しみたい」気持ちは、アイシャドウの色を変えることで満たしています



最近では、出勤時のベースメイクは日焼け止めとフェイスパウダーのみ。

ファンデーションをやめたことで時短になったし、肌への負担やストック管理の手間も減らすことができました。



自分に合った色味のものを持つ

結局、買ったはいいけど使わないものって「自分に合わなかった色味のもの」だと思います。

  • ファンデーションの色が思ったより濃かった
  • リップの色が合わなくて、唇が変に目立ってしまう


最初はなかなか難しいかもしれませんが、自分に似合う色味が分かっていれば買うときに迷うことも少なくなります。

みつまる

自分に合う色を知るために、パーソナルカラー診断に行きたいなと思いつつ、私はまだ行けていません…



ストックは持たない

「今使っているものがなくなったら使おう!」と思ってストックを買うと、気分が変わって使わなくなる、ということがあります。


私自身、コスメのストックは一切持っていません。

化粧品やスキンケア品はなくなりかけていても意外ともったりするので、残り少なくなってから次のを買いに行っても間に合います。



使用期限を把握して定期的に整理する

使用期限が切れたコスメを定期的に手放すことで、古いものをいつまでも持っているということがなくなります。


コスメの使用期限をきちんと把握するため、私はラベル部分に開封日を書いて管理しています。


このように管理することで、使用期限が切れたものを使い続けることもないので、衛生面も安心です!


まとめ:増えやすいコスメは定期的に整理しよう

コスメを整理するときは「たくさん残ってるし、もったいないな…」と考え始めると、全く捨てられなくなります。


なので以下のような基準に従って、定期的に見直しをしていきましょう。

  • 使用期限が切れていないか
  • 自分に合っているか(使用感・色味)
  • 今現在使っているか


特に一度開封した化粧品は雑菌が増えやすいので、使用期限が過ぎたものを使い続けるのは絶対にNGです。


逆に「使用期限が切れたら手放さなくてはならない」と思うと、使うアイテムも自然と絞られてくるのではないでしょうか。

今後の課題

アイシャドウパレットがありすぎなので手放さなければ…と思いつつ、なかなか断捨離できずにいるので、近いうちに整理します。

⇒やっと手放せました。

関連記事:もったいないけど、コスメをかなり手放しました【お買い物の反省】



ぜひ、この機会にコスメの見直しをしてみてはいかがでしょうか?


では!


\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-ミニマリスト
-,