ミニマリスト

20代会社員女が通勤服をパターン化したらメリットしかなかった

2020年11月1日

 

お洋服大好きだけどミニマリストを目指しています、みつまるです。

 

先日こちらの記事で「洋服好きだけど服の断捨離したぞ~!」「でも私服の制服化はしたくないぞ~!」という話をしました。

参考服の断捨離をしたらおしゃれが楽しくなった話【断捨離の基準・メリット】

  推しを追いかけながらミニマリスト目指して断捨離中のみつまるです。 これまで様々なものを断捨離してきましたが、中でも特に苦労したのが洋服の断捨離です。 ミニマリストの中には私服の制服化をし ...

続きを見る

でも「服の制服化をしたくない」というのはあくまでもプライベートでの話であって、毎日の通勤用の服はパターン化・制服化を目指しています。

 

今回は、私の通勤服パターンの実例を紹介しつつ、通勤服をパターン化するときのポイントやパターン化してよかったことについてお話ししたいと思います。

  • 通勤服・仕事服をパターン化したい方
  • 毎日の通勤服選びが面倒な方
  • 仕事中は別におしゃれしなくてもいいかな、という方

上記にあてはまる方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

逆に「仕事中も自分の好きな服を着ておしゃれをしたい!」という方にはあまり参考にならないかもしれません…。

 

 

通勤服をパターン化した理由

私が通勤服をパターン化しようと思った理由は、「自分の着たい服じゃないから」です。

 

普段からきれいめなお洋服を着ている方は、そのままオフィスに行っても違和感がないかもしれませんが、私の服の系統はストリート寄りのカジュアル系なので、いつもの服で仕事に行くのは完全にアウト。

というわけで、多少きちんとした服を別途そろえる必要がありました。

そうなると仕事用の服は別に自分が着たい服ってわけでもないので、選択肢を減らして楽をするためにパターン化することにしました。

 

 

私が持っている通勤服すべて

続いて、私が持っている仕事服をカテゴリー毎に紹介していきたいと思います。

実際の写真も載せていますので、ぜひ通勤服をそろえるときの参考にしてみてください。

 

トップス:春夏はカットソー、秋冬はニット

職場では制服に着替えなければならないので、頭からかぶって着るタイプの服が多いです。

 

半袖・五分袖カットソー:5着

長袖カットソー:3着

長袖シャツ:1着

こちらはユニクロで購入したレーヨン素材のものですが、夏~秋にかけての肌寒い季節に重宝しています。

薄手ニット:4着

冬は保温系インナーで温度調節するので、ニットは薄手で十分です。

 

ボトムス:ほぼワイドパンツ一択

スカートは苦手なので、ほぼワイドパンツ一択です。

 

ワイドパンツ:4着

一番左が冬用の少し分厚いもの、それ以外はオールシーズン用です。

ワイドパンツ(夏用):3着

真夏はこちらの3着を着回しています。サラサラ系の生地で涼しいです。

テーパードパンツ:1着

 

ちなみに私が愛用しているのがandMeというブランドのクロップド丈ワイドパンツです。

背が低い(155cm)なのでたいていパンツを買うと裾上げをしなければならないのですが、こちらはクロップド丈でちょうどくるぶしくらいの長さなので、私は色違いで2本持っています!

低身長さんにおすすめです。

 

 

 

アウター:3着のみ

  • テーラードジャケット
  • デニムジャケット
  • チェスターコート2着

デニムジャケットは仕事にはカジュアルすぎるだろ!というツッコミが入りそうな気がしますが、通勤時だけなのでまあいいだろと思って私は着てます。

 

 

通勤服をパターン化するときのコツ

ここからは、通勤服・仕事服をパターン化するにあたってのポイントやコツをお話ししていきます。

 

定番スタイルを決める

私の定番スタイル

  • 夏:カットソー+ワイドパンツ
  • 春・秋:カットソー+ワイドパンツ+ジャケット
  • 冬:ニット+ワイドパンツ+コート

私の場合、アイテムの組み合わせパターンとしてはこれしかないので日によって色や柄をローテーションしています。

 

パターン化のポイントは、ボトムスを固定することです

 

ワイドパンツの他にもスカート、スラックスなどありますが、トップスにくらべるとバリエーションが少ないですよね。

 

ベーシックな色でそろえる

白・黒・グレー・ベージュ・カーキ・ネイビーあたりで揃えておけば、どの組み合わせでもだいたいいけます。

私はほぼ上に書いた色味のものしか持ってないです。

もっと選択肢を減らしたい方は、例えば「トップスを白で固定する」「ボトムスを黒で固定する」というのもいいかもしれません。

 

基本的にアクセサリーはつけない

私は最初にも言った通り「仕事中は別におしゃれはしなくてもいいかな」という考え方なので、基本的にアクセサリーはつけません。

腕時計くらいしかつけませんが、チープカシオなので本当に時間を確認する為だけにつけています。

【参考記事】ミニマリストに腕時計はいらない?私がチープカシオを選ぶ理由

アクセサリーをつけたい方は、毎日同じもので固定してしまうか、厳選したお気に入り少数でローテーションするのがいいと思います。

 

 

通勤服をパターン化してよかったこと

ここからは仕事服をパターン化してよかったことやメリットについてお話ししていきます。

 

朝の支度が楽になった

どう組み合わせてもOKな服だけで揃えてあるので、毎朝コーディネートに悩むことがなくなりました。

出勤前の時間はどうしてもバタバタしてしまいがちなので、服を選ぶ時間を短縮できれば少し余裕が生まれますよね。

 

洋服代がかからなくなった

一週間着まわすとしても各アイテム4~5着あれば間に合うので、数を揃える必要もなく通勤用の服を買う頻度がグッと下がりました。

私は通勤用の服はプチプラで十分なので、ユニクロ・GU・Honeysなどで揃えています。

 

プライベートでおもいっきりおしゃれを楽しめるようになった

通勤服をパターン化している分、休日は思う存分自分の好きな服を着ています。

私の場合はオンとオフで服装がまるっきり違うので、仕事モードと休日モードのメリハリがつけられるというメリットもあります。

服を買うとき「この服、仕事にも着て行けるかなあ…?」と悩むこともないので、プライベートでよりおしゃれを楽しめるようになりました。

 

【参考記事】自分のためにおしゃれをするということ

 

 

通勤服のパターン化・制服化はアリです!

Appleの創業者であるスティーブ・ジョブスも黒のタートルネックを毎日着ていたといいますが、選ぶ必要がないというのは本当に楽です。

 

私は服の断捨離をした際「私服を制服化するのは嫌だなあ」と思っていましたが、通勤用の服に限って言えばパターン化・制服化は大いにアリだと感じました。

特に自分の場合はプライベートの服装がカジュアルすぎて仕事には着て行けないので、好きなファッションは休日に思いっきり楽しむことにしています!

 

「服が減らないなあ」と悩んでいる方は、まずは通勤服・仕事服のパターン化から始めてみてはいかがでしょうか?

では!

 

 

\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-ミニマリスト
-,

© 2021 みつまるライフ Powered by AFFINGER5