ミニマリストを目指すオタクが残したもの【持ち物紹介】

2020年11月22日

 

ライブに行くことが生きがいです、みつまるです。

 

私はEXILE TRIBEの沼にはまってからもうすぐ2年が経ちます。

はまりたての頃は、新しいグッズが発売されれば速攻ポチっていましたし、ライブ会場でもガチャなどを回しまくっていました。

 

しかし、一年ほど前にものであふれた部屋が嫌になり、グッズはほとんど手放してしまいました。

 

グッズの断捨離をしたことでお部屋がスッキリして快適に暮らせるようになったのですが、思い出があったり大好きなものだったり、どうしても手放したくなかったものは残してあります。

 

今回は、私がオタクグッズやライブグッズの断捨離をしてきた中で手放さずに残しているものについてお話しします。

グッズを減らしたい方、グッズを残す基準を知りたい方は、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。

 

 

グッズを残す基準

オタクがミニマリストを目指した結果、残ったものは

  • 迷いなく「これだけは譲れない!」と言えるもの
  • ライブに行くときに使うもの
  • 日常生活で使うもの

この3点に集約されました。

 

「これだけは譲れない!」と言えるもの

私の場合は、ライブDVDや思い出深いライブのフラッグなどがこれにあたります(のちほど詳しく紹介します)

 

私はオタクグッズを手放す際、「これからはライブに行くことを最優先にする!」ということを決めました。

自分の中で、何が好きでEXILE TRIBEのオタクをしているかと考えた際に、真っ先に浮かんだのが「彼らがステージ上でパフォーマンスをしているのを観るのが好きだから」だったのです。

 

グッズにかけていたお金を今後はライブチケット代に使うと決めて、ライブDVDや思い出深いグッズ以外はほとんど手放しました。

 

ライブに行くときに使うもの

ファンクラブの会員証を入れているカードケースや、バンダナ、フラッグの持ち運び用ケースなどです(のちほど紹介します)

 

さきほどもお話しした通り、私の中で最も優先させたいのはライブに行くことなので、そのために必要なグッズは残しました。

わざわざグッズでなくてもいいものもあるのですが、やはりライブに行くときはグッズを持っていたほうが気分も上がります!

 

日常生活で使うもの

最近ではグッズを新しく買うこともほとんどなくなりましたが、普段の生活で使えそうなものであれば買うこともあります。

具体的には、ランドリーネット、折り畳みスツール、ブランケットなど(こちらものちほど紹介します)

 

ライブグッズだとそれだけでかなりいいお値段することもあるのですが、使っているだけでテンションが上がるので普段使いできそうなものは買ってもいいことにしています。

 

 

ミニマリストを目指すオタクが残したグッズ紹介

ここからは、私が実際に持っているライブグッズやオタ活関連のものをご紹介します。

 

円盤(ライブBlu-ray)

 

それほど数は多くないかもしれませんが、諭吉に換算すると結構な人数です…(笑)

 

具体的には

  • 三代目J SOUL BROTHERSの過去のライブBlu-ray
  • EXILEの2019年のライブBlu-ray(LDHにはまったきっかけ)
  • 昨年のEXILE TRIBEカウントダウンライブBlu-ray

すごく思い出があったり大好きなものばかりなので、何があっても手放せません。

 

円盤に関しては、手放すかどうか・買うかどうか迷ったことすらないので、これからも手放すことはないと思います。

 

ポスター

それほど数は多くないのですが、すべて額やフレームに入れて壁に飾っています。

写真とか飾って楽しむものって、部屋がスッキリしているほうが映えますよね。

仕事で疲れて帰ってきても部屋に入った瞬間かっこいい推しを見られるので、疲れも吹っ飛びます。

 

ポスターのような飾って楽しむものに関しては、部屋の雰囲気に合うかどうかという基準で選ぶようにしています

 

雑誌3冊と書籍

雑誌は「月刊EXILEで三代目が表紙になっているもの」だけ残すと決めています。

その他の雑誌で三代目が表紙だったり特集が組まれている場合は、表紙やページを切り抜いて保存しています。

こちらもCHECK

捨てられなかった雑誌を手放した結果【自分の気持ちの整理もついた】

  ミニマリストとオタク、二足のわらじを履きたいみつまるです。 オタクの部屋に増えがちなもの、ズバリそれは雑誌です。 あわせて読みたい こちらの記事の最後でもちょこっと書いているのですが、こ ...

続きを見る

 

この書籍は推しが出したエッセイで、我が家にある数少ない紙書籍のうちの一つです。

 

フラッグ3本とフラッグケース

EXILE TRIBEのライブでは、ペンライトではなくフラッグを振るのが一般的です。

思い出が深すぎるものと、デザインが気に入っているものを厳選して3本残しました。(元々は10本以上持っていました…汗)

 

フラッグはライブツアー毎に新しいものが発売されるので、もう使うこともないのですが、この3本だけは思い出がたくさんあり、どうしても手放したくなくて残しています。

むやみやたらと捨ててしまうと後悔するかもしれないので、思い出深いものや大好きなものは残すと決めると、少しは断捨離のハードルも下がるのではないでしょうか。

 

フラッグケースは、ライブに行くときにフラッグケースの持ち運び用として使っています。

 

金テープ

持っている金テープはこの一本だけです。100円ショップで買った透明の容器に入れて保管しています。

私が行くのはアリーナやドーム規模のライブが多いので、金テープは取れないことのほうが多いのです…。

これが初めてとれた金テープなので、思い出品として残しています。

 

タオル2枚とバンダナ

タオルは思い出のあるライブのものと、デザインが好きなものを2枚厳選して残しました。

タオルもフラッグと同様、ライブツアー毎に新しいものが発売されるのでもう使うことはないですが、思い出品として持っています。

 

バンダナに関しては、ライブのときにこっそり推しを主張するために着けています(笑)首に巻いたり腕に巻いたり腰につけたり。

 

カードケースとキーホルダー

カードケースはファンクラブの継続特典でもらったもので、中にファンクラブの会員証を入れています。

もしものときのために、ライブではいつも会員証を携帯するようにしているので、こちらはライブで使うものです。

 

このキーホルダーは推しを動物モチーフでデフォルメしたもので、可愛すぎてこれだけどうしても手放せませんでした。。。

 

サコッシュ

こちらもファンクラブの継続特典でもらったもの。

ヒモを取り外して、さきほど紹介したバンダナやカードケースなどの小物類をまとめて収納しています。

 

ブランケット

ライブグッズとしてよくブランケットが発売されることが多いのですが、推しがプロデュースしたライブグッズのブランケットを日常使いしています。

かわいいし、寒い時はくるまってぬくぬくしてます。

 

ランドリーネット

ライブグッズでランドリーネットがあるのちょっとおもしろいですよね(笑)

「これは使いやすそう!」と思ったので、発売日に即オンラインショップで注文しました。

すごくしっかりしているし、柄もかわいいのでお洗濯の時はいつも使っています!

 

折り畳みスツール

これも(一応)ライブグッズです。笑

高いところのものを取るときや、着替えを一時的に置いたりするのに使っています。

折りたたんで隙間に収納できるので便利。

 

 

まとめ:断捨離する基準を決めておこう

ミニマリストを目指すオタクが持つグッズをご紹介しました。

 

グッズを手放す・残すにあたっては、基準を決めておくことが大切です。

 

例えば私は

  • 思い出深いものは厳選して残す
  • 雑誌は月刊EXILEで三代目が表紙のものだけ残す
  • 日常生活で使うものは残す

このように基準を決めています。

 

断捨離をしているときって、「これ捨てようかな、残そうかな、どうしようかな」と迷うことに最もエネルギーを使うと思います。

なので「これは残す!」という基準を決めておけば、買う時も手放す時も迷うことがなくなり、他のことにエネルギーを注げます!

 

参考記事

オタクでもミニマリストになれる。私が断捨離したもの

  将来の夢は、from EXILE TRIBEになること(無理)です、みつまるです。   突然ですが、EXILE TRIBEが好きです。 一番好きなのはEXILEと三代目ですが、 ...

続きを見る

 

この記事を読んでくださっているあなたも、自分なりの基準を決めて身軽に、そして本当に好きなことに集中して、オタクライフを楽しんでくださいね。

では!

 

\この記事がよかったらポチッとお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へ 

-オタクライフ, ミニマリスト
-,